東京ディズニーリゾート夏の持ち物リスト|熱中症対策は必須!

記事内に関連する広告が表示される場合があります

ディズニー旅行に必要な持ち物はこちら

東京ディズニーリゾート旅行の持ち物まとめ|必要なもの・持っていかなくていいもの紹介

夏ディズニーに必要な持ち物をまとめました。

年々暑さが過酷になりつつあります。

熱中症になって残念な思い出にならないよう、事前の準備をしっかり行いましょう!

暑さ対策に必要な持ち物

ハンディ扇風機

ハンディ扇風機は必須です。

日陰が少ない園内で過ごす時、少しでも風があるとラクになります。

フランフランのまわし者ですか?って言われそうですが、このハンディファンマジで便利です。筆者も愛用中!

風量は4段階調節できるし、強い風が送られてくるけどうるさくない!

ちょっと荷物になるけれど本当にあったほうがいいです。

お若い方のものっぽく思うかもしれませんが、白やミントグリーンなら大人でも持ちやすいですし(マーブルカラーは可愛いけれどお若い方向けかな)

ディズニーだけじゃなく通勤や家の中でも大活躍してくれます。

マジで1つ買うことをおすすめします!!!ひとり1台ハンディファンを持ちましょう!

両手を常に空けたい場合は首かけ式もおすすめです。

ペットボトル飲料

熱中症対策に必須です!

入園前に(荷物になっちゃうけど)最低1本、できれば2本用意しておくことをお勧めします。

舞浜駅のニューデイズ(コンビニ)で冷たいもの1つと冷凍ドリンク1つを買って持ち込むのがおすすめです。

本当に真夏のディズニーは過酷です。こまめな水分補給をお願いします!

日傘

散水ショー待ちの僅かな時間でも、暑さ対策・日焼け防止にあると便利です。

日傘で作る日陰、思った以上に快適になります。

夏場はゲリラ豪雨に見舞われる可能性もありますので、近くの建物に避難するときにも役立ちます。

日焼け止め

焼けたく無ければ必須!思った以上に焼けます!

油断すると真っ黒焦げになります。

自宅を出発する前にしっかり塗り、遊んでいる間にも適宜塗り重ねてください。

ただし、スプレータイプはおすすめしません。

園内でスプレーは周りのゲストの迷惑になります・・・。

制汗シート

暑さや汗の不快感軽減に役立ちます。

スプレーよりもシートタイプがおすすめです。

スプレーは周りの方の迷惑になりますので・・・。

あと以外に便利なのがタオルタイプのシートです。

ロングタイプのシートです。

1つずつ個包装になっているので2〜3本持って行くのもいいですし、友だちや家族と行くときは配れるのもいいですね!

ゴミ袋(荷物の防水対策)

created by Rinker
STRIX DESIGN(ストリックスデザイン)

東京ディズニーランドでは2023年より散水パレード「ベイマックスのミッション・クールダウン」が実施中です。

自分自身は濡れても構わないと思うのですが、荷物の防水対策は必要です。

ゴミ袋最低1枚(家族やお友達の分を余計に用意しておくと喜ばれるので3枚くらいあってもいいかも)を持っていきましょう。

丸3年散水イベントをやらなかったため、荷物の防水対策をしていない方が多数いましたが、まあまあ濡れちゃうので鑑賞予定ならお忘れなく。

「ベイマックスのミッション・クールダウン」はカッパ不要(個人の感想)

実際に「ベイマックスのミッション・クールダウン」をフロート(山車)停止位置で観てきましたが、個人的にはカッパ不要レベルだと思います。濡れますが天気がいい日ならすぐに乾きます。

絶対に濡れたくない場合はパーク内でカッパを販売していますので、場所取り前に購入しておきましょう。

家を出る前にやっておきたい暑さ対策

シャツクール

衣類に吹きかけると、ひんやりして気持ちいいやつです。

自宅を出る前に吹きかけるのがおすすめです。

ビオレのひんやりジェル

こちらも自宅を出る前にやっておきたい暑さ対策です。

首元や背中などに塗って扇風機の風を当てると涼しく感じます。

ビオレのデオドラント

どうしても汗をかくので、家を出る前に対策しておきましょう。

モバイルバッテリーも必携!

新システムが導入されたり、新エリア関連のお土産を現地購入するために入店予約が必要だったり、他にもチケット表示やアトラクションの待ち時間チェックetc…

スマホを使う場面が非常に多く、東京ディズニーリゾート・アプリは位置情報も使うため電池の消耗が非常に激しいです。

モバイルバッテリーも最低1台は必携です!

ディズニー旅行におすすめのモバイルバッテリー3つ

前日は睡眠をたっぷり取ろう!

夏のディズニーは、日陰が少なく非常に暑いです。

体調を崩さないよう、来園前にはしっかり整えましょう。

前日は興奮して眠れないことも考えられますが、出来るだけ眠る努力をしてくださいね。

準備を万全に整えて、夏ディズニーを満喫しよう

夢と魔法の王国を前にこんなことを言いたくないですが、夏ディズニーは暑すぎて本当に過酷です。

熱中症になって辛い思い出にならないよう、事前の準備をしっかり行ってディズニーを満喫してくださいね。