【TDS】レジェンド・オブ・ミシカ終演から4年 デイハーバーショーの今後

2014年9月7日、東京ディズニーシーのレギュラーハーバーショー「レジェンド・オブ・ミシカ」の最終公演が行われました。

あの日から4年が経ちます。

あっという間ですね。

神がかった最終公演の日のことは今でも鮮明に思い出せます。

去年もレジェンド・オブ・ミシカ終演から3年の日を振り返って という記事を書いたのですが、この中で後継ハーバーショーの行方を想像しています。

あれから1年。

デイハーバーショーが行われるアナウンスはありません。

レジェンド・オブ・ミシカ 後継ショーは行われない?

多分ですが、毎日行われる昼のハーバーショーは今後も無いと思います。

私が考える理由は以下の4つです。

  • 4年ものあいだ、毎日行われるハーバーショーが復活しなかった
  • 東京ディズニーシー大規模開発が決定した
  • 景観の確保
  • リピーターよりライト層へ注力

昼のレギュラーハーバーショーが行われるなら既に始まっている

もし、レジェンド・オブ・ミシカの後継にあたるレギュラーデイハーバーショーが行われるなら、すでに始まっているはずです。

例えば、東京ディズニーシー15周年。

こういった節目の年に、お披露目されなかったあたりを考えると、今後も無いよねと。

さらに時が進み、4年も期間が空白なのは、今後もデイハーバーショーを復活する考えが無いに等しいと思うのです。

東京ディズニーシー大規模開発に予算がかかり、ショーに割くお金が無い

東京ディズニーシーでは、2022年に新エリアがオープンします。

この中にあるように、東京ディズニーシーの新エリア開発に2,500億円がかかる予想です。

既存施設への追加投資額として過去最大となっています。

これらを見ると、シーズンイベントのショーやパレードの変更はあっても、ハーバーショーへの投資までは出来ないのかなと予想します。

メディテレーニアンハーバーの景観確保

東京ディズニーシーへ入園して、ホテルミラコスタ下を抜けると見えるメディテレーニアンハーバー。

このハーバーでショーを行うと、ショーを待つゲストが多く発生します。

入園して見えるのが海ではなく、ショー待ちのゲストとなると、景観的にあまりよくないのかなと。

さらに、新しく始まったショーを早く・いい場所で見たいとなると、長時間待つゲストも現れる訳です。

年々入園者が増加傾向の東京ディズニーシーで、今からハーバーで新規ショーを行うのは、景観的にも現実ではなくなってきていると思います。

ただ、シーズンショー待ちのゲストがいる時点で、正直変わらない気もするんですけどね。

リピーターよりライト層へ注力

TDR全体で言えることなのですが、年間パスポートを持って足繁く通うゲストよりも、数年に1度訪れるライト層への力の入れようが伺える今のTDR

正直、数年に1度来るゲストは、ショーやパレードへの関心がないんですよね。

それよりもアトラクションやお土産を買うことが優先事項です。

レギュラーショーを見るなら、待たずによく見える場所で、さらっと見たいのがライト層です。

ランドのパレードならルートが長いので、待ち時間少なくてもいい場所で見られるのですが、シーはよく見える場所が限られてしまうのが現状。

そして、いい場所はリピーターが早めの時間に確保してしまいます。

となると、デイハーバーショーに力を入れる必要がないのもTDRの今なのでしょう。

きっとデイハーバーショーは復活しない

復活するならもう始まっていると思います。

きっと、レジェンド・オブ・ミシカが最後のレギュラーハーバーショーです。

「ミシカは伝説」

この言葉通りに、デイハーバーショーは伝説になってしまったのでしょう。