【TDL/TDS】混雑時のディズニーを快適に過ごす4つのワザ

ディズニーっていつも混んでるよね!

というイメージが先行しがちな今の東京ディズニーリゾートですが、これは半分当たっています。

土日や連休、夏休みなど長期休暇の時期は混雑しがち。

だからと言って、平日ばかりに行くことも出来ませんよね。

アトラクションを待つにも1時間以上待って、食事にも待ち時間が発生して・・・ではウンザリしてしまいます。

そこで今回は、混雑時のディズニーで少しでも快適に過ごす4つのワザをご紹介します。

お土産は午前中に買う

お土産って夕方以降に買いたいと思いますよね?

ですが、東京ディズニーランド・シーでは、お土産はできる限り午前中に購入を済ませましょう

理由は、夕方以降閉園までおみやげ屋さんが混雑するからです。

みんな、考えることは一緒です。

夕方以降に買おうと思うから、店内も混んでしまうのです。

ですが、午前中なら空いていて、ゆっくり見て選ぶことが出来ます。

持ち歩くのが大変ならロッカーに預けてしまいましょう。

ランド・シーそれぞれの入園口近くにコインロッカーが設置されいますので、ご活用ください。

食事の時間はずらす

スウィートハート・カフェ スペシャルセット|東京ディズニーランド「ディズニー ・ハロウィーン」2018年

食事の時間はメインの時間帯からずらしましょう!

昼食なら12時ではなく、10時30分の早い時間または14時の遅い時間にすることで、待ち時間の大幅な削減につながります。

私自身は平日に行くことが多いのですが、それでも食事の時間はいつもずらしています。

店内のテーブルも空いていますから、ゆっくり落ち着いて食事が楽しめるんです。

メインの時間帯だと、混雑時は席を探すゲストが巡っていて「早く譲った方がいいのかな・・・」と落ち着かないんですよね。

合間は食べ歩きフードの活用

食事の合間に小腹が空いたら、食べ歩きフードを活用しましょう。

甘いものだと、定番のチュロスやポップコーンがおすすめ。

しょっぱいものですと、ランドならターキーレッグ、シーはギョウザドッグやうきわまんがおすすめです。

プライオリティ・シーティング(PS)の活用も

土日祝日、3連休の中日など混雑が予想される日に行くなら、レストランの事前受付サービス、プライオリティ・シーティング(PS)を使うのもおすすめ。

席の優先案内制度で、予約した時間に行けば待ち時間少なくレストランで食事ができますよ。

トイレは「行きたくなる前に」

お手洗いは行きたくなる前に、こまめに行きましょう

「あ、行きたい」と思って行ってみたら、列が出来ていると、それだけでイライラしてしまいます。

トイレを見つけたら、行きたくなくても行っておくようにすると、実はイライラする原因が減らせるんですよ。

入園チケットは事前に購入

入園チケットは事前に購入しておきましょう

当日券の販売は開園30分前から始まりますが、開園30分前だと入園待ちの列も伸びていて時間のロスになってしまいます。

チケットはコンビニで買えますので、事前に買っておきましょう。

ちょっとでも快適に過ごせるようにコツを実践してみて!

慣れない混雑はそれだけで疲れてしまいます。

これらのコツを実践するだけで、快適度が格段に上がりますので、ぜひ実践してみてくださいね!