ダッフィー専門ブログ「DuffyFAN」もよろしくね!

【TDS】パイレーツ・サマーバトル“ゲット・ウェット!”2018年は放水量増加?体感レポート

東京ディズニーシー(TDS)では2018年7月10日(火)から9月2日(日)まで、スペシャルイベント「ディズニー・パイレーツ・サマー」を開催中です。

ハーバーショー「パイレーツ・サマーバトルゲット・ウェット!」の放水量が、増加している?

という感想が、SNSなどでちらほらと聞こえてくる2018年。

実際に増えているの?

7月にインパークして体感してきました。

2018年主要3エリアの放水量体感レポート

リドアイル(当選エリア=A)

夏の散水イベントの聖地、リドアイル。

※聖地と言っているのは筆者の勝手な意見です。ご了承を。

入園してホテル・ミラコスタの下をくぐり抜け、左手の緩やかな坂を進み、右手にある出島です。

毎年、散水ショーの放水がエグいことで知られるリドアイルですが、放水量は2017年と変わらないと思います。

ハーバーを走る船+ホース3本での放水+前方は樽に汲まれた水を、海賊たちがぶっかけてきます。

そもそもの放水量が多い場所ではありますが、水量が増えた感覚はありませんでした。

2017年と同じくらいですね。

繰り返しになりますが、そもそも放水量がエグい場所なのでずぶ濡れ確定です

ちなみに、パイレーツ・サマーバトル“ゲット・ウェット!”は2回目公演以降一部が抽選エリアとなりますが、当選した場合、Aと書かれていたらリドアイルです。

ピアッツァ・トポリーノ(ミッキー広場)(当選エリア=B)

入園してホテル・ミラコスタ下を抜け正面にある広場です。

ここが一番、放水量・放水域両方多くなったと感じます

放水域は左右に広がった感じ。

2018年初めて外野から鑑賞していた時に、「2017年はこんなに左右に放水していなかったよね?」と思ったんです。

というくらい、後方の左右のエリアも容赦無く水がかかります。

また、放水量も増えている模様。

「ウォーターキャノン」が、「パイレーツ・サマーバトル“ゲット・ウェット!”」から新設されたミッキー広場。

ウォーターキャノンのおかげ(?)で、明らかに放水量は増えたのですが。

2018年もフル活用していますね。

なので、「パイレーツ・サマーバトル“ゲット・ウェット!”」初見のあなた、ミッキー広場で鑑賞するときは覚悟した方がいいかもしれません。

リドアイル以上にずぶ濡れる可能性がある場所に変わっています、ミッキー広場。(特に前の方)

ザンビーニ・ブラザーズ・リストランテ前(当選エリア=C)

ザンビーニ・ブラザーズ・リストランテ前は、面積が小さいため、ホースは1本でも放水が遠くに届きます。

さらに風下になっていると、ハーバー上の船からの放水が広範囲に届くことも。

先日は、ホテル・ミラコスタの壁まで届いていました。

こちらも広範囲でびしょ濡れ確定です。

放水量より、風の影響を受けやすいエリアかなと

風下になった日は、覚悟を。

全体的に放水は2017年より増えている印象

特に、ミッキー広場の放水量が上がっているように感じられます

2016年まで開催された「ミニーのトロピカルスプラッシュ」より、格段に増えました。

リドアイルは場所(前方)や風向きによって、かかり具合が変わるかなといった印象。

水の量は特別増えていないように感じますが、もともと放水量が多いので、これ以上増やされたら水没しますね。

ザンビーニ前は、風の影響が強いです。

風下になったら、特に覚悟したい場所です。

兎にも角にも、ずぶ濡れになれる「パイレーツ・サマーバトル“ゲット・ウェット!”」。

2018年の夏休み、ぜひ楽しんでみてくださいね!