ディズニー休園中・再開は4月20日以降です

2019年10月ディズニー混雑予想 空いている日はいつ?

2019年9月に東京ディズニーランド、東京ディズニーシーへ行くならいつがおすすめ?

比較的空いていると思われる日を、曜日等の条件を元にご紹介します。

全体:東京ディズニーシーの方が混んでいる

全体的に東京ディズニーシーの方が混雑すると予想します。

理由は2019年7月23日にオープンした新アトラクション「ソアリン:ファンタスティックフライト」です。

完全新規のアトラクションなので、こちら目当てで来園する方が多くなります。

2019年10月 ディズニー混雑予想 土日で行くなら5・6日がおすすめ!

3連休は要注意!

10月にある3連休(12・13・14日)は混雑すると思っていてください。

ディズニーの人気イベント「ディズニー・ハロウィーン」が始まっていることが理由です。

3連休中に行くなら、14日(月)がマシかと思います。

3連休中日の13日は混雑すると予想します。

10月21日(月)を有給等にすると4連休が作れるため、やや注意が必要

2019年に限り、10月22日(火)が「即位礼正殿の儀が行われる日」で祝日となります。

そのため、21日を有給等で休むと最大4連休が作れるんですね。

19日(土)、20日(日)も、やや混雑が予想されます。

10月28日(月)が群馬県民の日で小・中学生が休校となるため、26・27日も混雑するかも・・・

10月28日は群馬県民の日で、群馬の小中学校が休校となります。

そのため、28日(月)は混雑が予想されます。

さらに群馬県に限り土日を含む3連休となるため、26日(土)、27日(日)もやや混雑するかもしれません。

ちょうど、毎年大人気の秋のスペシャルイベント「ディズニー・ハロウィーン」終盤に当たるため、駆け込み需要も予想されるので、できれば避けた方が安心です。

以上の点を踏まえ、土日に行くなら

  • 5日(土)
  • 6日(日)

がおすすめになります。

平日でも注意が必要な日

10月1日の都民の日は混雑する

10月1日(火)は都民の日で、東京都内の小中学校が休校となります。

「都道府県民の日」に当たる日は東京ディズニーランド、東京ディズニーシー共に混雑するので避けたほうが賢明です。

10月28日の群馬県民の日も避けたい

上記都民の日と同様の理由で、10月28日(月)の群馬県民の日も混雑が予想されます。

さらに群馬の小・中学生に限りますが土日を含む3連休となるため、26・27日も混雑が予想されます。

平日に行くなら10月上旬がおすすめ

ハロウィーンイベントが終盤になるに連れて混雑度が上がります。

平日に行くなら、10月上旬に行くことをおすすめします。

結論:2019年10月に混雑を避けるなら、平日は1日・28日以外、土日なら5・6日がおすすめ

以上を踏まえ、2019年10月に混雑を避けるなら、

平日は

  • 10月1日の都民の日
  • 10月28日の群馬県民の日

以外で!

できれば、10月上旬に行くことをおすすめします。

土日なら

  • 5日(土)
  • 6日(日)

がおすすめ日になると思います。

※筆者の予想なので外れる可能性があります。

もし間違っていても当ブログ及び筆者で責任は取れませんので、あくまで参考程度に見ていただけますと幸いです。