ディズニー スタンバイパスのキャンセルの取り方を徹底解説

このご時世で導入されたディズニー スタンバイパスのキャンセルの取り方を解説します。

スタンバイパスとは何ぞや?というところについては、下の記事で解説しています。

ディズニー「スタンバイパス」徹底解説|知らないと大変なことになる新システム

スタンバイパスはキャンセル拾いが可能な場合がある

このご時世で導入されたスタンバイパスは先着順で取得することができます。

ですが、大体の場合は午前中に全て発行終了するケースがほとんどです。

そうなるとスマホサイトでは以下のように

こちらは例となります。アブーズ・バザール以外の施設は新商品発売日(発売から3日程度)以外はスタンバイパス対象外です。

全ての対象施設で取得できませんと表示されます。

これを見ると「もう取れないんだ」と思ってしまいますよね。

ですが、中には一度取得したけれどやっぱり行かないとキャンセルするゲストさんがいます。

そのキャンセルされたスタンバイパスを取得するチャンスがあるのです。

スタンバイパスのキャンセルの拾い方

アプリを開いて入園しているパークを選択→下にスクロールするとスタンバイパスのボタンがあるのでタップ。

チケット認証画面で人数分のチケットをカメラで読み取り確定ボタンをタップ。(おひとりなら確定ボタンのタップだけでOK)

すると対象店舗が一覧表示されます。

この画面を下にスワイプすることでリロード(ページ更新)が可能です。

画面を下にスワイプしてリロードすると上のミッキーシェイプが分裂してくるくる回ります

何度更新しても表示が変わらないこともありますが、それはキャンセルが出ていないためで、決してアプリの調子が悪いわけではありません。

何度もスワイプ・リロードを繰り返していると

他のゲストさんのキャンセルによって時間選択可能な施設が出てくることがあります。

キャンセルを見つけたら即!取る!モタモタしていると他の方が取ってしまいます。

この時間選択画面が出たからと安心しないでください。

他にもキャンセルを拾いたいゲストさんはいらっしゃいます。

時間選択ボタンが出たらすぐにタップ→時間選択画面で空き時間画面も選んで次へをタップ→この時間でいいか確認の表示が出るので上の「はい」のボタンをタップ、ここまで素早くこなしてください。

この一連の動作中に、他の方が先に取得すると

こんな感じで取得できませんと表示されます。

アトラクション・ショップどちらもやり方は同じ

スタンバイパスのキャンセル拾いのやり方は、アトラクション・ショップどちらも同じです。

キャンセルが拾えなかったからと諦めないでチャレンジしてみよう

キャンセルが出て拾えなかったとしても、何度かチャレンジしてみてください。

全く拾えないわけではないので、諦めないことが大事です。

歩きスマホは厳禁!ベンチに座ったり、邪魔にならない場所で

歩きスマホで前を見ずに歩いている方を結構見かけます。

危ないので、空いているベンチに座る・他のゲストの邪魔にならない端に移動してスマホを触るようにお願いします。