ディズニー新システム「エントリー受付」徹底解説

東京ディズニーランド(TDL)東京ディズニーシー(TDS)に2020年9月19日から導入された新システム「エントリー受付」ってなに?

名前だけ聞いたことろで何ぞや?と思うシステムですが、事実上の「抽選」です。

エントリー受付が適用されているアトラクションやグリーティングと使い方を解説します。

エントリー受付は事実上の抽選

エントリー受付は先ほども書いた通り、抽選システムです。

つまり、エントリーしても必ず施設を利用できる訳ではありません。

予約の手配ができませんでした=外れる可能性もバッチリ☆

外れるとその日は利用できないのです。

エントリー受付対象施設は、並んで待つ「スタンバイ」も現時点では適用されていません。

新興感染症対策が理由

エントリー受付誕生の理由は新興感染症です。

新たなアトラクションが誕生すると行きたいですよね。

ですが、2020年は3密(密集・密閉・密接)を避けるよう呼びかけが続いています。

2019年にオープンした東京ディズニーシー「ソアリン:ファンタスティック・フライト」も2019年中は300分待ちを記録するなど非常に人気を集めました。

このように人が集まることを避けるために作られたシステムが、エントリー受付という名の抽選制度なのです。

東京ディズニーランド「エントリー受付」適応アトラクション・グリーティング

東京ディズニーランドでエントリー受付が適応されているアトラクション・グリーティングは

  • 美女と野獣“魔法のものがたり”
  • ベイマックスのハッピーライド
  • ミニーのスタイルスタジオ
  • ミッキーの家とミート・ミッキー
  • ウッドチャック・グリーティングトレイル
  • シアターオーリンズ(グリーティング)
  • プラザパビリオン・バンドスタンド前(グリーティング)

の7つです。

東京ディズニーシー「エントリー受付」適応グリーティング

東京ディズニーシーエントリー受付適応グリーティングは

  • ミッキー&フレンズ・グリーティングトレイル
  • “サルードス・アミーゴス!”グリーティングドック
  • マーメイドラグーンシアター(グリーティング)
  • ブロードウェイ・ミュージックシアター(グリーティング)
  • ドックサイドステージ(グリーティング)

の5つです。

エントリー受付のやり方

エントリー受付は、東京ディズニーランドまたは東京ディズニーシー入園後に利用可能となります。

入園時に読み込んだチケットのQRコードがないとエントリーに進めません。

Tokyo Disney Resort App

Tokyo Disney Resort App

Oriental Land Co., Ltd.無料posted withアプリーチ

エントリー受付は東京ディズニーリゾート・アプリからしか出来ません。

あらかじめスマホにダウンロードしておいてください。(情報登録も必須です)

まずはアプリを開きます。

自分が入園した方をタップします。

次に表示された画面を下にスクロールするとエントリー受付のボタンがありますのでタップ。

または

こちらの星マークをタップすると

次のページにエントリー受付ボタンがありますので、そちらからでも大丈夫です。

注意事項が表示されますので確認します。

右上の×ボタンを押すと次の画面(チケット選択)に移ります。

チケットをスマホ表示にしている場合はすでに選択できるようになっていますので、そのままチェックを入れます。

※友だちと別々にスマホでチケットを購入した場合は、どちらかのチケットのQRコードを読み込むことで一緒に抽選可能です。

チケット選択後にエントリー受付対応のアトラクションが表示されますので、エントリーしたいものを選びます。

エントリーしたいものを選ぶと、時間選択画面になります。

2時間単位で設定されていますので都合のいい時間を選びます。

※エントリーできるのは1つのアトラクションにつき1つの時間帯のみとなります。

エントリー受付に漏れた場合、時間帯を変えて応募することはできません。

※さらに、自分の選んだ2時間の中で好きな時間に利用できる訳ではありません。

当選すると2時間の中から利用可能な時間が表示されます。

例:13時から15時にエントリーして通った場合、利用可能時刻が14時20分〜14時40分という感じで表示されます。

前後にレストランのプライオリティ・シーティングを入れていたり、他のエントリーに通っている場合は選ぶ時間に注意してください。

また、利用可能時刻内にアトラクション・グリーティングの利用が終えられる訳ではありません。

利用可能時刻に並んでからアトラクション・グリーティングが終わるまで60分前後かかったというツイートが見かけます。

前後の予定を考慮しつつ、余裕を持てる時間を選びましょう。

エントリー時間を選び次へのボタンを押すと注意事項が表示されます。

こちらを確認し内容確認へボタンをタップ

エントリーボタンを押すと利用可否が表示されます。

当たれば利用時間が表示されます。

外れた場合は

予約手配ができませんでしたと表示されます。

エントリー受付の注意点

ひとつのアトラクションにつき1日1回エントリーできる

エントリー受付は1つのアトラクションにつき1日1回エントリーできます。

2020年10月1日現在、東京ディズニーランドなら5つ、東京ディズニーシーは2つですね。

時間を変えて再エントリーはできない

エントリーしたアトラクションの予約が取れなかった場合、時間を変えて再申し込みすることはできません。

エントリーした2時間のうち、利用時刻は20分に絞られる

エントリー申し込みした際の2時間の中から、利用時刻は20分のみとなります。

割り振られる20分は当選後に表示されます。

エントリーした2時間の中で自由に利用できる訳ではないのでご注意ください

当選したら表示された時間内に並びましょう。

また、待ち時間が発生する可能性があります。

前後にレストランのプライオリティ・シーティングを持っていたり、他のエントリー受付に通っている場合、被らないよう時間に余裕を持つことをおすすめします。

システム調整等による運営一時中断の場合は無効に

対象施設が利用時間にシステム調整で運営を中断した場合、エントリー受付は無効となり施設の利用はできなくなります。

自分の利用時間後に再開したとしても、利用できません。

全て外れることも十分にあり得る

東京ディズニーランド5つの適応アトラクション・グリーティング全て漏れる可能性が十分にあり得ます。

筆者もやられました!めっちゃ心折られます!

これとは別に新エリアのレストラン「ラ・タベルヌ・ド・ガストン」と「ビッグポップ」のプライオリティ・シーティングが取れていたのでまだ救われましたが、このプライオリティ・シーティングが取れず、エントリー受付も全てダメだったらもぬけの殻になっていたでしょう。

スマホを酷使するのでモバイルバッテリー必携!

エントリー受付だけでなく、入園チケット表示、東京ディズニーランド内のお土産やさんに入店するために「入店予約」の当日空き枠を探す、アトラクションの待ち時間チェック、レストランの当日受付etc…

これらはスマホの位置情報を使うため、電池の消耗が激しくなります。

モバイルバッテリー最低1台は必携です。

blank【TDL】新エリアグッズを買うなら「入店予約」か入園必須!来園前に知っておきたいポイントまとめ