「パイレーツ・サマーバトル“ゲット・ウェット”」はずぶ濡れ確定!濡れたくないなら必ず対策を!

東京ディズニーシー(TDS)では、夏のスペシャルイベント「ディズニー・パイレーツ・サマー」を開催中です。

今回は、ハーバーショー「パイレーツ・サマーバトル“ゲット・ウェット!”」当選したとき、濡れたくない場合の対策をご紹介します。

パイレーツ・サマーバトル“ゲット・ウェット”の抽選対象エリアはずぶ濡れ確定

まず、パイレーツ・サマーバトルの抽選対象エリアはどこでも「ずぶ濡れ」になると思って下さい。

リドアイルはほぼ全域。(エリア内後方の端ですと、あまり濡れないかもしれません)

ピアッツァトポリーノ(ミッキー広場)もほぼ全域。
(ウォーターキャノン砲が設置されたので、2016年まで行われた「ミニーのトロピカルスプラッシュ」以上に濡れます)(こちらは後方中央は比較的濡れにくいです)

ザンビーニ・ブラザーズ・リストランテ前も、全域ずぶ濡れです。

ずぶ濡れ=洋服をしぼれるくらいに濡れます。

キャストさんがショー開始前に「このショーは服が絞れるくらい濡れます」と注意喚起ていますが、初めてだと「大げさな」と思われるでしょう。

ですが、当選エリアはどこもずぶ濡れ確定です!

キャストさんの注意喚起は大げさなものではありません。

素直に準備しましょう。

※2018年追記

2018年の初日公演を外野から観てきましたが、明らかに放水量は増えいていますし、放水域も広がっています。

あまり濡れたくないなら、対策必須です。

【TDS】リドアイルでびしょ濡れ!パイレーツ・サマーバトル“ゲット・ウェット!”現地レポ パイレーツ・サマーバトル“ゲット・ウェット!” 2度目の当選!8月某日のインレポ

散水イベントを鑑賞するための準備

夏ディズニーに必要な持ち物

夏ディズニーに必要な持ち物は、【TDL/TDS】夏ディズニーに必要な持ち物でまとめています。

夏のディズニーに必要な持ち物リスト

散水イベント鑑賞時の心構え・注意点

思った以上に濡れても逃げない!

夏のスペシャルイベントに来たことが無い方にとって、当選エリアは思った以上に濡れた!と感じると思います。

あまりの散水量に、ショー中にエリア外へと出て行こうとされる方が時々いらっしゃいます。

ですが、濡れてる地面で滑る可能性もありますし、通路は緊急時やキャストの通路になりますので、ショー中の途中退場は非常に危険です

※2018年追記

ショー開催中はメディテレーニアンハーバー沿いの通路でも水を被る可能性があります。

「あー!やってる!楽しそう!」とうかうか通ると、自分が濡れる可能性があります。

ショー中の通行にもご注意ください。

余談:濡れないハズのミラコスタテラス鑑賞でも濡れる可能性あり!

ショー初日はホテルミラコスタ(シーのレストランカフェポルトフィーノ〜ザンビーニブラザーズリストランテ側)が風下でした。

ハーバー上の船からの放水が、カフェポルトフィーノ〜ザンビーニブラザーズリストランテ側へ飛んでいました。

それも、中央救護室までバッチリ水が届いていまして。

濡れないと思いながら遠目で観ていたゲストが逃げ惑う事態に!

さらに、ホテルミラコスタのレストラン「シルクロードガーデン」で食事をすると、時間と条件ありですが、ホテルのテラスからショー鑑賞が可能になります。

でも、7月10日は完全に風下だったので、濡れた可能性があります。

びしょびしょにはならないと思いますが、多少の水が飛んでくる可能性は頭の隅に置いておきましょう。

【TDS】ホテルミラコスタのレストランからショーが観られるって知ってる?

夏イベの醍醐味を満喫しよう!

濡れるのは、暑い夏だからこそ楽しいです。

本当にずぶ濡れになりますが、準備をしっかりして、思いっきり楽しみましょう。

TDRショー抽選アプリのすすめ!サクッと抽選して時間を有効に活用しよう!