【TDS】アウト・オブ・シャドウランドの全貌と楽しみ方を徹底解説!

2016年7月9日から始まった、東京ディズニーシー新レギュラーショー「アウト・オブ・シャドウランド」

最新の技術を駆使した、今までの東京ディズニーシー(TDS)には無かったようなショーとなっていました。

今回はその全貌と楽しみ方をご紹介します。

アウト・オブ・シャドウランド

ロストリバーデルタにあるハンガーステージが会場となります。

2015年まで「ミスティックリズム」が公演されていた場所ですね。

「ミスティックリズム」は14年の長きに渡り公演されてきたショーで、初期の東京ディズニーシーのイメージがとても分かるショーでもありました。

この場所で新たに公演されるのが「アウト・オブ・シャドウランドです。

観賞方法

全ての回において、先着順となります。

開始当初は2回目公演から抽選を導入していましたが、現在は抽選を行なっていません。

直接ハンガーステージへ向かってくださいね。

撮影は禁止!

2016年7月8日のプレビュー公演より撮影禁止となりました。

6月30日からプレビュー公演が行われ、当初は液晶画面、フラッシュを禁止とした撮影は出来た様です。

しかし、液晶画面・フラッシュを使って撮影をした方がおり、キャストへの安全配慮等の面からでしょう、全ての撮影が禁止となりました。

注意喚起を再三行っているのにも関わらず守らない方がいたために、今後見る方の楽しみの1つが減ってしまったのは非常に残念です。

敢えて当ブログでは書かせて頂きました。

今後、ルールはちゃんと守って頂きたいですね。

感想

とても素敵なショーなんだけど…

このショーはミュージカルなんですね!

私自身、ミュージカルをあまり見たことがないのですが、東京ディズニーシーにあまり無い感じだと思いました。

また、1回だけだと物語の深いところは理解し切れないと感じました。

前の記事

blank
【TDS】今年もバナナ教(?)は健在!ミニーのトロピカルスプラ…

次の記事

4両目はデイジーダック!TDS15周年デザイントミカ
blank