ダッフィー専門ブログ「DuffyFAN」もよろしくね!

ディズニー/ピクサー最新作『リメンバー・ミー』を観たら東京ディズニーシーに行きたくなった

2018年3月16日(金)公開 ディズニー/ピクサー最新作『リメンバー・ミー』

観てきましたよー。

そうしたら、東京ディズニーシーへ行きたくなってしまったのです・・・。

ディズニー/ピクサー最新作『リメンバー・ミー』

あらすじ

主人公は、ミュージシャンを夢見る、ギターの天才少年ミゲル。しかし、厳格な《家族の掟》によって、ギターを弾くどころか音楽を聴くことすら禁じられていた…。ある日、ミゲルは古い家族写真をきっかけに、自分のひいひいおじいちゃんが伝説のミュージシャン、デラクルスではないかと推測。彼のお墓に忍び込み美しいギターを手にした、その瞬間──先祖たちが暮らす“死者の国”に迷い込んでしまった!

そこは、夢のように美しく、ガイコツたちが楽しく暮らすテーマパークのような世界。しかし、日の出までに元の世界に帰らないと、ミゲルの体は消え、永遠に家族と会えなくなってしまう…。唯一の頼りは、家族に会いたいと願う、陽気だけど孤独なガイコツのヘクター。だが、彼にも「生きている家族に忘れられると、死者の国からも存在が消える」という運命が待ち受けていた…。絶体絶命のふたりと家族をつなぐ唯一の鍵は、ミゲルが大好きな曲、“リメンバー・ミー”。不思議な力を秘めたこの曲が、時を超えていま奇跡を巻き起こす!

映画|ディズニー公式より引用

『リメンバー・ミー』は死者の日が舞台

『リメンバー・ミー』の舞台は、メキシコの「死者の日」です。

11月1日・2日に行われます。

日本でいう「お盆」みたいな感じでしょうか。

ポスターの鮮やかなオレンジ色の橋はマリーゴールドで、こちらもメキシコの死者の日に飾られたり販売するのだそうです。

冒頭に登場する「パペルピカド」を観たら東京ディズニーシーへ行きたくなった!

映画冒頭に、あらすじに書かれている主人公ミゲルと家族について説明があるのですが、そこで使われるのが「パペルピカド」です。

パペルピカドは、切り絵のフラッグガーランドなのですが、映画を観ると「東京ディズニーシーで見たことある!」と思う方も多いと思います。

そう、「ディズニー・ハロウィーン」でロストリバーデルタに飾られる切り絵のガーランド。

あれ、たぶんパペルピカドなんですね。

『リメンバー・ミー』メニューがロストリバーデルタで販売中

ロストリバーデルタにあるレストラン、ミゲルズ・エルドラド・キャンティーナで販売中の「ミゲルのおすすめセット」は、『リメンバーミー』プレートなんです。(2018年6月6日まで)

価格は1580円です。

・ビーフのチリコンカンソース、骨付きソーセージ、バターライス、トルティーヤ、サーモントラウトのアボカドディップ、ベジタブル
・ソフトドリンク

のセットです。

場所といいタイミングといい狙ってますよね?とてもいいと思います!

ミゲルズはメキシコ料理のお店ですし。

食べに行きたくなりましたよ・・・映画見たあと、行こうか本気で悩みました。

イクスピアリで観ていたらシーへ直行だっただろうな。

『リメンバーミー』鑑賞時はハンカチとティッシュ必須!

『リメンバ・ミー』鑑賞時はハンカチとティッシュは必須です。

「泣いた」という意見をちらほら見ていたので持っていったら、大正解でした。

思った以上に泣いてしまった・・・。

涙と鼻水がやばかったです。

花粉症で鼻悲惨なのに、ズビズビでした。

映画館内もすすり泣きが結構聞こえてくるレベルでしたもの。

ハンカチ、ティッシュの持参をおすすめします。

同時上映『アナと雪の女王/家族の思い出』もいい!

『リメンバー・ミー』と同時上映の『アナと雪の女王/家族の思い出』もよかったです。

公式サイトにあらすじがないので詳細は控えますが、吹き替え版は神田沙也加さん(アナ役)、松たか子さん(エルサ役)、ピエール瀧さん(オラフ役)が続投しています。

『リメンバー・ミー』マジでおすすめします

ディズニー/ピクサー作品らしいです。

邦題でもある「リメンバー・ミー」という曲をキーに、家族の繋がりを描き、「死者の日」をテーマに、ディズニー/ピクサーの技術で色鮮やか「死者の国」に描いた素晴らしい作品だと思います。

ぜひ映画館へ足を運んで欲しいと思います。